home

日本デンタルショー2021における新型コロナウイルス感染症対策(予定)

主催者が行う対応

1.来場者 事前登録システムの導入

  • 事前配布されていた入場券を廃止し、公式HPからの事前登録を必須とします
  • 入場予定日時を入力することによって混雑する時間を把握し、分散来場を促します
    コロナ対策
    来場登録例

2.出展者・作業員事前登録

  • 出展者ネームカードの配布を登録制とします(緊急時の追跡用として)
  • 設営・撤去の作業員の事前登録・会場での検温等の実施します

3.会場設計での対応

  • ソーシャルディスタンス確保のため、従来より通路幅を広く設定します

その他、必要な対策を講じて開催への準備を進めてまいります。

出展者へのお願い

1.体調管理について

ブース関係者の体調管理は、各出展者内でも毎日行い、少しでも体調が悪い、あるいは発熱がある(37.5℃以上)、風邪のような症状がある場合は、来場は控えるようにしてください。

2.マスク等の着用・消毒の徹底

ブース内で接客を行う関係者すべての方に、マスク着用かマスクとフェイスシールド併用を徹底してください。また、こまめな手洗い・消毒を行うとともに、ブースにおいても、手に触れる展示製品やバックヤード内の共用部分の消毒などを定期的に行うようにお願いします。

3.ソーシャルディスタンスを意識した設計

ブース内における「来場者と来場者」「来場者と出展者」「出展者と出展者」など、人と人との間隔を十分確保(できるだけ2m、最低1m)できるブースレイアウトをお願いします。

その他、詳細な規定は「出展者マニュアル」に掲載します。